中埜酒造株式会社の本格あまざけ

アルコール0%麹甘酒のパワー知ってます?

米と米麹で造ったあまざけなので、酒粕を使った甘酒と違いアルコール分を全く含んでいません!お子様も安心してお飲みいただける昔ながらの健康飲料です。

俳句では夏の季語 ?
甘酒って寒い冬に飲むものでしょ?
江戸時代には夏に、冷やした甘酒を飲んでいたらしいよ。
ふ〜ん、冷たい飲み物だったの?
京都や大阪、江戸などでは夏の間だけ、甘酒売りの人たちが甘酒を売っていたんだって。だから、俳句では、甘酒は夏の季語になっているそうだ。
冷やして飲んでもおいしいよ!
あまざけ博士
江戸時代には、夏の風物詩の甘酒売り。
夏の夜には、金魚売りのように、「甘い、甘い、あ〜ま〜ざ〜け」と売り歩く人がいて、お椀1杯8文(300円くらい)だったそうだ。江戸時代には、夏の栄養補給のドリンクとして飲んでいた。
当時は甘酒が、「栄養成分をいっぱい含んでいる」
なんてわからなかったけど、からだの元気が継続できるという、経験から甘酒の力を理解していたんじゃな。
江戸時代の栄養ドリンクだね!
発酵食品はスゴいパワーを持っているんじゃ。
麹甘酒も発酵食品でベースとなるのは「麹」。麹とは、蒸した米に麹菌をふりかけ、菌を米に繁殖させたもの。
原料は普通の米だが、菌糸が米にまわりこんで麹になる約50時間後には、それまで米にはなかった、栄養素がいっぱい! 単に「蒸した米」と、「麹菌を繁殖させた米=麹」を比較すると、米にはない成分が約400も生み出されているんじゃ。
基本的に「食べる・飲む」というのは、ほかの生命体のエネルギーを体内に取り入れること。取り入れるなら、強力パワーを持つものを選んだほうが、有効じゃな。
商品に関するお問い合わせ先   中埜酒造株式会社   お客様相談室 TEL:(0569)23-1231  電話受付:平日午前9時〜5時まで